湯野上温泉(河原の共同露天風呂):福島県 '05.6月〜'09.5月
 
 ●共同浴場閉鎖以後編はこちらをクリック!●

左下に露天風呂がある

女性は着替えがネックかな?

空いている時が狙い時

熱い源泉が湧き出す湯壷

砂地を掘ると湯が湧きだします

増水時は、ほとんど川


*2009年の5月初旬をもって「共同露天風呂」の入浴は禁止となり現在湯は抜かれています*

大川渓谷沿いの温泉地で、河原を掘ればお湯が湧き出すといわれるほど湯量が豊富な温泉です。   河原の共同露天風呂以外にも渓谷沿いに温泉が湧き出している所が何ヶ所もあるという事です。     冬の間この共同浴場は入浴不可です。

国道から渓谷に向う細い道に入り、線路を越えると河原に向う急坂があり、下った先の広場が駐車場になっています。   広場の一段下は河原で、釣り人がのんびり釣りをしています。   その河原の先の崖沿いにこの共同露天風呂があります。   

はじめて私達が行った時、半袖短パン姿で入浴している女性や服を着たまま露天風呂に座り込んでいる男性がいて、なんだか入浴しづらい浴場だと思いました。     脱衣所も無いため、入浴する事を躊躇していましたが、先客もなかなか上がる様子もないため、意を決して入浴する事にしました。     
着衣入浴の彼女たちに、「裸でお風呂に入りますが、よろしいでしょうか」とイヤミを込めて言うと「ハ〜イ、ド〜ゾ〜」と変なアクセントで返答が帰ってきた。   彼女らはアジア系外国人だったのだ。   道理で服着たまま温泉に入っていた訳だ。  

コンクリートで造られた共同露天風呂には太いゴムホース熱い源泉が導かれ、熱い時は湯船からホースを出して入浴するシステムだ。    川側の崖を1〜1.5m下った所に穴状の窪みがあり、底から熱い源泉が湧き出している。   数秒おきに川と穴風呂に交互に入らないととても熱くて入っていられませんがね。

また、共同露天風呂から10数m離れた河原に砂地を掘っただけの水溜り状態の野湯があります。   水量によって掘り方を工夫して入浴するのがまた楽しいのだ。

脱衣所が無いので女性にはチョット厳しいかと思えますが、車で着替えて露天風呂まで数十メートル歩いて行く事も可能なので空いている時を狙って手軽に野湯気分を味わうのも良いでしょう。





湯野上温泉(河原の共同露天風呂とその周辺の野湯●共同浴場閉鎖以後編●)


湯が抜かれた湯船

掘り起こされた 昔の岩風呂

岩盤から湧き出す源泉で野湯遊び

*2009年の5月初旬をもって「共同露天風呂」の入浴は禁止となり現在湯は抜かれています*

2009年5月に入浴禁止となった直後に訪ねてみました。
コンクリート製の共同露天風呂の湯船にお湯はなく、すっかり干上がっていて、かつての面影はありません。
有志の手により河原の砂に埋没していた昔の岩風呂が掘り起こされていて湯が貯められていました。
また、河原の岩盤の割れ目より熱い源泉がこんこんと湧きだしていて、川に流れ出しているので、河原の石で囲い野湯を楽しむことも出来ます。
あくまでも「入浴禁止になったのは共同露天風呂である」という私的見解の上の事ではありますが、こちらの方は監督官庁もない(いや、正確に言えば国土交通省かな?)と判断して、入浴させていただきました。

大昔から愛されてきた共同浴場がどのような理由で閉鎖されてしまったか詳しい事は良く分かりませんが、地域の方々も「湯野上温泉の観光資源が失われた」と言って残念がっていました。   復活を祈りたいものです。


icon-back.gif[温泉探検目次]  icon-back.gif[東北温泉TOP]
inserted by FC2 system