然別峡 野湯群(鹿の湯):北海道) '08.5月

キャンプ場から露天風呂へと向かう 鹿の湯 渓流にせり出した造り

大雪山系の南麓に位置する然別峡ユウヤンベツ川に湧く野湯。   キャンプ場の奥にあり、野湯といっても管理が行き届いている。   菅野温泉にも近く、観光シーズン中は野湯マニアならずともキャンプ客や温泉客で賑わうらしい。
私達が訪ねた時、然別峡野営場はまだ閉鎖中で、場内では野生鹿の群れが団体でくつろいでいました。
そんなシカさんたちを横目に野営場を奥に進むと、「露天風呂」の案内板があります。   渓流沿いの小道を100mほど行くと渓流にせりだした石&コンクリート製の大きな丸い湯船があります。   これが鹿の湯です。

シーズン前だったこともあり、脱衣所も設置されておらず、湯船は藻で覆われていましたが、そのぶん人目を気にする事もなく、自然により近い入浴が出来ました。   また、渓流にせり出した造りのため、上流側・下流側ともに展望が利き、川中で入浴しているかのような錯覚を覚えるほどです。

真中に岩を配した湯船は足元自噴温泉以外にも崖側の源泉浴槽(夫婦の湯A)から熱い源泉が流れ込む仕組みになっていて、のんびり長湯向きとなっています。

icon-back.gif[温泉探検目次]  icon-back.gif[北海道温泉TOP]
inserted by FC2 system