那須湯本温泉(ホテル森のなか):栃木県) '12.11月

林間の宿「ホテル森のなか」 客も従業員も共に寛ぐラウンジ(笑) 館内中こんな感じのポスターが、、
無味無臭無色の単純泉 露天風呂 やっぱりここが一番!

那須郡那須町湯本204-14 ☎0287-74-6591  icon088ie.gif  (16:30-22:00 500円 12月~3月は冬季休業 要確認)

那須湯本温泉のメインストリートから少し入った那須岳の麓に広がる林の中にポツンとあるユニークなホテル。

外観は何の変哲もない宿なのだが、一歩館内に足を踏み入れると、そのインパクトに一瞬身がのけぞるのを感じました。(笑)
館内のいたるところに、昭和30年代から40年代にかけての日本映画全盛期の頃の邦画ポスターが飾られていて、昭和の匂いがぷんぷんします。
客室のドアそれぞれにもその時代の映画スターのプロマイドが貼られ、興味の無いものからするとちょっと異様な感じすらします。

従業員の方達も、感じは良いのですが、ホテルマンと言うよりはスキーロッジの気さくなオヤジさんといった感じで、ホテルの外観とのギャップが感じられます。(笑)
後で伺ったのですが、ここのオーナーは「オッケー牧場」のギャグで有名な元プロボクシング世界チャンピオンでもある「ガッツ石松」さんだそうで、経営は邦画マニアの社長に任せきりだそうです。
従業員の皆さんも、根っからのホテルマンじゃないみたい。
それで全ての謎が解けたような気がしました。(笑)

男女別の内湯の外側に小さな露天風呂がそれぞれあり、目の前に広がる林間を眺めながらの入浴が楽しめます。
那須湯本温泉ではありますが、白濁系の源泉ではなく、無味無臭&無色透明の単純泉だそうです。
那須湯本温泉の濃厚な硫黄泉が苦手な方にはお薦めの運泉です。

icon-back.gif[温泉探検目次]  icon-back.gif[北関東温泉TOP]
inserted by FC2 system